アシナガバチの巣を発見したら駆除業者へ依頼しよう

害虫が及ぼす影響

散布機

害虫駆除を行えば害虫を撃退させることができます。しかし、室内が不衛生な環境ですと一旦駆除出来たとしても再度害虫が発生します。汚い場所に特に発生するケースが多いですから駆除と共に清潔な環境を意識することも大切です。

More Detail

追い出す方法

イタチ

個人でイタチ駆除を行いたい場合は、イタチの生態を知っておくと良いでしょう。生態を知っておけば追い出しを楽に行うことができます。有効な対策を取ることで追い出しが成功するので、市販されているグッズなどを効果的に使うことをお勧めします。

More Detail

撃退方法と注意点

ハチの巣

刺されたらやっぱり危険

アシナガバチは8月から冬にかけて活動が活発になる蜂です。大きさはミツバチより大きくスズメバチより小さい体をしています。攻撃性はミツバチやスズメバチと比べると穏やかな方になります。餌は芋虫や昆虫になるため、一般的には益虫にあたります。しかし人が多く通る場所に巣を作ってしまった場合には注意が必要です。基本的には穏やかな性格をしていますが、巣を刺激してしまったり香水をつけていると攻撃対象になってしまうことがあります。毒性は他の蜂より少ないのですが、何度も差されると危険なことにかわりはありません。もしアシナガバチの巣を見つけてしまったら、どうしたらよいのでしょうか。業者に頼んで駆除することが一番安全で正確ではありますが、実は簡単に駆除が可能です。蜂は夜は眠っていることがほとんどです。この時間を狙って殺虫剤をかけることで、一網打尽にできます。

殺虫剤を効率よく使うには

簡単に駆除できるからと、適当にやっていては思うような効果を挙げることはできません。アシナガバチを撃退をするときの注意点をあげていきます。いくら夜は蜂が眠っているといっても、すぐ近くで殺虫剤を使えばもしかしたら刺される可能性があります。必ず少し離れた距離から噴霧しましょう。この時風上から噴霧することで薬剤を効果的にあてることができます。そして殺虫剤は十分な量をかけるようにしましょう。噴霧が終わったら、すぐに巣を外したい衝動にかられますが、必ず翌日まで待ってください。朝になりアシナガバチが死んでいるのを確認してから巣を撤去します。この時まだ生きている蜂がいたら、また夜まで待ち薬剤を噴霧してください。また、個人でアシナガバチの巣を駆除するには難しいこともあります。そのような場合は、無理をせずに専門業者へ依頼しましょう。専門業者によってもサービス内容が異なるため、事前に専用のホームページで内容を確認しておくとよいでしょう。また費用については、見積もりで把握することができます。見積もりは無料で行なっているため、複数の業者に依頼しそれぞれの業者を比較しましょう。

役所に助力を願う

アライグマ

アライグマによる農作物被害に困っている場合は、まずは役所に相談しましょう。罠の貸し出しを行ってくれる場合があり、捕獲することができます。専門の業者を紹介してくれることもあるので、アライグマを駆除してもらうこともできます。

More Detail